マッチが何となく好きだ。
あの風貌にはちょっとした愛らしさがある。
擦った時の「シュッ」「ボッ」という潔い音。
オレンジ色の炎が
最初は花火のように勢いよく
それから落ち着いたきれいな雫型になる。
そしてあっという間に役目を果たし
白く細い一筋になって天に昇っていく。

その一連の光景は
ちょっとした魔法
まじないみたいだ。
その小さな魔法のstick達が
これまた小さな引き出しの中で
頭を揃えて眠っている。
自分の出番を今か今かと待ちながら。。

私の引き出しにも
マッチがいくつか在るらしい。
ふいに小さな炎が灯って
身体の底がじんと熱くなる事がある。

それは日々の中ですぐ消され忘れてしまうような
ほんの些細な出来事。
でも時折引き出しの奥から
マッチを一本取り出して
擦ってみるのもいいかもしれない。

そうして、小さな灯に浮かび揺らめく
例えばこんな記憶のひとひらを暫し眺めていようか。。